ロイヤルティースデンタルクリニック

歯の構造

歯の構造図

エナメル質

生体でもっとも硬い硬組織です。エナメル質の厚さは場所により異なりますが、噛み合わせの部分で最も厚く(2.5mm以上)。歯と歯肉の境目(エナメルーセメント境)では最も薄くなっています。

象牙質

エナメル質より柔らかいため、象牙質まで達した虫歯は急速に進行します。象牙質全体を象牙細管(神経につながっている管)が走っているため虫歯が進行したり、露出すると痛みを歯髄(歯の神経)に伝えやすくなります。

歯髄

歯の神経と呼ばれているところ。血管、リンパ管、神経線維などがあり、歯に栄養を与えています。虫歯になったり、根が露出して刺激が伝わると痛みを感じます。

歯肉

歯、歯槽骨などを取り囲む軟組織です。歯槽骨を細菌から守ります。歯肉炎や歯周炎の炎症は歯肉からの出血や腫れで気づくことが多いです。

根管

エナメル質、象牙質の内部の歯髄が通っている管です。

セメント質

歯の根の部分の象牙質を覆っているうすい組織で、歯槽骨とくっつく役目をしています。

歯根膜

弾力性のうすい膜のことで、根のまわりのセメント質と歯槽骨をつなぐ役割をしています。かたい食べ物、やわらかい食べ物などの感覚を感じられます。また、セメント質に栄養を補給しています。

歯槽骨

歯を支えている顎の骨です。歯周病ではこの歯槽骨が溶け始め、やがて歯を支えられなくなり、歯が揺れたり、咬みにくくなります。

根尖管

歯根の先端部にあり、歯髄への血管や神経が通っています。

Royal Teeth Dental Clinic
診療時間
9:30~13:00
14:30~20:30

土曜日は9:30~16:00
休診日:祝日

map

詳しいアクセス方法はこちらから